マイレージの攻略法 > マイレージの選び方 > 依然色根せないマイレージの魅力とは?

依然色根せないマイレージの魅力とは?

  1. 高還元率、ポイント集約性、交換特典の多様性が日本のマイレージ人気の3大要素
  2. 巌しい経済環塊にあつても旅行需要は個人消費の上位であり、マイレージ需要の源流
  3. 航空会社間の競争激化がマイレージサービスの質を向上させる

景気動向の先行きに明るさが見えませんが、消費マインドでは旅行関連の潜在的需要が高いようです。こうした背景もあり、日本でもマイレージの人気は衰えていません。その魅力の原点とは何なのでしょうか?

究極のポイントサービスとしてのマイレージの仕組み

今や日本の消費市場においてポイントカードなしに顧客対応はできないほど各種のポイントが氾濫しています。しかし多くのポイントサービスが単一企業内での値引き交換に留まっているのに反し、マイレージの魅力は還元率の高い交換特典(無料航空券)、各種のポイントを一つにまとめられる集約性、電子マネーなど様々な種類がある交換特典の多様性の3つに代表される完成された高い機能にあります。世界的にも日本のマイレージほど多様な機能を提供しているポイントサービスは見当たりません。

旅行に対する高い潜在需要

長いこと低成長な経済状態が続く日本において意外なことに、市場調査からみた一般消費者の支出優先度では、旅行関連費は教育費に次いで高い順位をしめています。また最近の大型支出の予定に関連したアンケート調査においても、国内旅行と海外旅行はともに上位です。こうした日本人の消費性向からも、旅行を安くできるマイレージの特典は非常に魅力あるサービスであることに変わりありません。

誰でも参加でき貯めやすい多様な提携サービス

海外ではマイレージはクレジットカードを多用する富裕層を対象としたサービスに目されていますが、日本国内では電子マネーとの提携にも見られるように、誰でも簡単にマイルが貯まる什掛けがあることで、より庶民的なポイントサービスとして利用できる環境があります。さらに交換特典の上限もドがる傾向にあり、参加無料で誰でも簡単に利用できる点も魅力なのです。

競争がサービスの質を高める

日本では大手2社のJAL、ANAが運賃の自由化に際し、お互いにライバルとして競ってマイレージでサービス内容を向にさせてきたことが、私たちには好条件となりました。これに加えて、新興の航空会社でも内容にそれぞれ差はあるものの、同一会社便利用においてはマイレージと類似のポイントサービスを施しています。競争が激化することで、私たちは質の高いポイントサービスとしてマイレージの恩忠を受けやすい環境にあると云えます。