マイレージの攻略法

2010年は大きな事件が相次ぎました。まず日本の航空業界を代表するJAL(日本航空)が経営破たんし、上場廃止を経て再建の道を歩み始めたことです。さらに海外から格安航空会社が本格的に増加し、羽田空港は新滑走路と国際線新ターミナルビルの完成で国際線が強化され、国際路線利用の選択肢が広がりました。

マイレージについて、ANAが2011年度から国内線特典航空券の片道利用が可能になる等大きな変化が出てきています。マイルから他のポイント交換に一定量以上での上限や交換率の変更、各種クーポン特典など新たなマイル交換特典が次々に登場してきています。また海外航空でもノースウェスト航空が2009年にデルタ航空と合併し、2011年には日本各地に就航使のあるコンチネンタル航空もユナイテッド航空と合併するなど業界再編が進んでいます。国内線ではスカイマークを筆頭に新興の航空会社が低運賃を武器に確実にその勢力を拡大・成長してきています。そしてこれらの航空会社も一定の搭乗実績で無料航空券が獲得できる独自のマイレージーサーピスやポイントサービスを実施しています。こうした変化はまさにマイレージにとっては「新時代」と呼べる状況です。

日本の航空業界も新規参入が増え、大競争時代に突入しました。こうした環境ではユーザーサイドのマイレージ攻略法も現実に呼応した新たな戦略と戦術が求められています。特に旅客航空が大衆化してマイレージに関心を持つ消費者が急増し、年々特典航空券のハードルも高くなる傾向が顕著です。

しかし日本のマイレージは、他の国のマイレージとは比較にならない程多様で魅力的なサービスです。特にポイントの集約性は衰えをみせるどころか、ますますそのサービスを進化させています。




1
Point
マイレージの選び方
21世紀に入ると世界的に格安航空会社(LCC)が台頭してきました。一方従来型の航空会社は、世界規模での航空連合で協業体制を強化すると同時に、さらに魅力あるマイレージサービスを充実させるなどして対抗しています。日本でも国内線運賃の自由化を機にマイレージが普及しましたが、この数年国内路線では新幹線網の拡大や新規航空会社の参入、海外路線では近距離路線での格安航空会社の増加やオープンスカイ協定など、競争環境が激変しています。はたして今まで通りの攻略方法であなたのマイルは有効に機能するのでしょうか?マイレージを取り巻く周辺の情勢を整理し、新たなマイレージ選択法を再考してみましょう。
2
Point
マイルの使い方
マイレージは航空会社のポイントサービスです。マイレージ魅力は他のポイントをひとつにまとめることができることと、手数料がかかっても交換率のよい賞品(航空券)に交換できることです。単体のポイントサービスよりは多様な特典交換ができる点とその使い方を研究して、より有利なサービスを利用しましょう。貯める前に何に使うかを 決めることで目標ができ、意外と早くマイルが貯められるようになります。